天才と発達障害

話題の新刊

2019/05/31 11:25

 本書は、常人には持ちえない特異な創造性の持ち主を「天才」と位置づけた上で、その能力の発露と精神病理との関連を病跡学的な観点から検証したものだ。

あわせて読みたい

  • 休校中にもし子どもが発達障害だとわかったら? まずは知っておきたい3つのタイプ

    休校中にもし子どもが発達障害だとわかったら? まずは知っておきたい3つのタイプ

    AERA

    4/24

    「カサンドラ症候群」とは? 夫の“発達障害”に悩む妻が増加中

    「カサンドラ症候群」とは? 夫の“発達障害”に悩む妻が増加中

    週刊朝日

    8/26

  • 認知症と間違われやすい…「シニアの発達障害」の実態とは?

    認知症と間違われやすい…「シニアの発達障害」の実態とは?

    週刊朝日

    1/25

    発達障害の特性、ビジネスでどう生きる? 「過剰集中」や天空から俯瞰する「神の視点」も

    発達障害の特性、ビジネスでどう生きる? 「過剰集中」や天空から俯瞰する「神の視点」も

    AERA

    12/18

  • もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

    もしかしたらウチの子も? 発達障害当事者の実像を描いた話題のコミックエッセイ

    BOOKSTAND

    3/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す