書評『ある葬儀屋の告白』キャレブ・ワイルド著/鈴木 晶訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ある葬儀屋の告白 キャレブ・ワイルド著/鈴木 晶訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
平山瑞穂書評#話題の新刊

ある葬儀屋の告白

キャレブ・ワイルド,鈴木晶

978-4864106252
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 アメリカの小さな町で家族経営の葬儀屋を営む男性の人気ブログを書籍化。著者キャレブ・ワイルドは、一時宣教師になろうとしたというだけあって、その死生観にもキリスト教の影響が色濃い。ただし、いやいや継いだ葬儀屋の仕事を通じて思索を深める果てに辿り着いた境地には普遍性があり、キリスト教に縁遠い日本人の胸にも響く。

 なにごとにつけ「死」を隠そうとする現代にあって、ワイルドは「死」と向き合うことを提唱する。そうすれば、死の中にも美しさがあり、それが生と対立するものではないことが見えてくる。

 葬儀をめぐる種々の人間模様を描きながら著者は、死がときに人と人の間の隔てを取り除くことを、そして死を悼むことに期限などないことを説く。多くの死を見てきた人ならではの説得力に唸らされる。(平山瑞穂)

週刊朝日  2019年3月15日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい