ある葬儀屋の告白

話題の新刊

2019/03/06 10:30

 アメリカの小さな町で家族経営の葬儀屋を営む男性の人気ブログを書籍化。著者キャレブ・ワイルドは、一時宣教師になろうとしたというだけあって、その死生観にもキリスト教の影響が色濃い。ただし、いやいや継いだ葬儀屋の仕事を通じて思索を深める果てに辿り着いた境地には普遍性があり、キリスト教に縁遠い日本人の胸にも響く。

あわせて読みたい

  • 読経や戒名はオプション 安っぽくない「小さなお葬式」が話題

    読経や戒名はオプション 安っぽくない「小さなお葬式」が話題

    週刊朝日

    12/7

    “死亡偽装”が噂されていたティム・ドッグ、死亡証明書が見つかる

    “死亡偽装”が噂されていたティム・ドッグ、死亡証明書が見つかる

    Billboard JAPAN

    9/17

  • 葬儀も戒名も不要…木内みどりさんの「自分らしい終わり方」

    葬儀も戒名も不要…木内みどりさんの「自分らしい終わり方」

    週刊朝日

    3/12

    コーヒー飲みながら「死」を語り合うデスカフェって?

    コーヒー飲みながら「死」を語り合うデスカフェって?

    AERA

    7/8

  • 入棺体験で「涙がとまらない」女性たちが次に準備することとは?

    入棺体験で「涙がとまらない」女性たちが次に準備することとは?

    週刊朝日

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す