早稲田と慶應の研究

話題の新刊

2018/07/11 10:30

 私学の両雄をあらゆるデータから丸裸にした一冊。かつては何浪してでも早稲田を目指す学生が存在したが、看板学部の政治経済学部は現役率が30年前の2倍以上で9割近い。イモっぽさの代名詞だった「ワセジョ」は読者モデルとして女性誌を飾る回数が最も多く、早稲田の慶應化が進んでいるとか。

あわせて読みたい

  • 「ワセジョ」はおしゃれに、「慶應ボーイ」はバンカラになった?

    「ワセジョ」はおしゃれに、「慶應ボーイ」はバンカラになった?

    BOOKSTAND

    11/5

    始まった早稲田の逆襲 慶應は「マンモス校を避ける傾向」で追い風?

    始まった早稲田の逆襲 慶應は「マンモス校を避ける傾向」で追い風?

    週刊朝日

    3/28

  • 早稲田・慶應の20年後は? スポ科が文学部より上、SFCも出世学部に!?

    早稲田・慶應の20年後は? スポ科が文学部より上、SFCも出世学部に!?

    週刊朝日

    3/27

    早慶“文学部”対決は早稲田に軍配! 慶應は法学部、医学部が健在

    早慶“文学部”対決は早稲田に軍配! 慶應は法学部、医学部が健在

    週刊朝日

    10/4

  • 早慶W合格で早稲田が大躍進 慶應との差は「大学改革」の姿勢、受験生が支持

    早慶W合格で早稲田が大躍進 慶應との差は「大学改革」の姿勢、受験生が支持

    AERA

    12/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す