書評『大人のための社会科』有斐閣著 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《今週の名言奇言 (週刊朝日)》

大人のための社会科 有斐閣著

このエントリーをはてなブックマークに追加
斎藤美奈子書評#今週の名言奇言

大人のための社会科

有斐閣著

978-4641149205
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

歴史に「もし」はないといいますが、「もし」を考えることは大切です。

 経済や政治がこうも行き詰まってくると「もうどうでもいいや」な気分になりがちである。人口減少時代に入って、もはや希望はどこかの党名にしかないし。

 そんな私たちに「まあ諦めなさんな」と語りかけるような本である。『大人のための社会科』の著者は経済学、政治学、歴史学などを専門とする4人の研究者(井手英策、宇野重規、坂井豊貴、松沢裕作)。〈反知性主義が叫ばれる時代〉の中で教科書を書くという〈ささやかな抵抗〉の試みだ。

 たとえばこれまで、社会の豊かさを測る指標はGDP(国内総生産)の増加であった。が、豊かさの指標は経済成長だけか。近年では、寿命、教育、所得を総合的に評価するHDIという指標もあってね、とか。選挙は多数決だというけれど、多数決になじまない問題にはどう向かうか、とか。


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい