書評『情熱大陸への執拗な情熱』宮川サトシ著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

情熱大陸への執拗な情熱 宮川サトシ著

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実書評#話題の新刊

情熱大陸への執拗な情熱

宮川サトシ著

978-4344031357
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 著者は喪の1年を綴った『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』のエッセイ漫画家。熱心に見続けてきたテレビ番組「情熱大陸」にある日、同級生が出演しているのを目にして身もだえする。嫉妬だ。

 ビールを飲むときは番組スポンサーのA社、外食は素朴さ狙いのかけそば。定番の「運転しながらトーク」も特訓。ナレーションとともにカメラに映る「俺」を意識しながら生活する。そんな片思いにも似た身辺漫画をネットで連載していたところ、「おもろい」と番組ツイッターで紹介され、「いよいよ上陸か」と身震いする。だが一向に声はかからず、失望。怒る。妻が夫の挙動にハラハラする様は映画「シャイニング」と重なる。本書の奥深さは、没頭する「自分」を怜悧なまでに客体視した「俺様漫画」であることだ。

週刊朝日  2017年8月4日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい