海の詩集

話題の新刊

2016/08/25 13:44

 近現代の、物故詩人を含む詩人69名の、海にちなんだ作品を集めたアンソロジー。真正面から海を捉えた創作のほか、言葉の海など比喩的な海も含まれる。
 三浦半島で生命誕生の営みをつぶさに見つめた「アカテガニの産卵」。かつて厚岸から出港し、沈められた船から無言で帰還した兵士らを偲んだ「ニシン」。指先まで霧に濡れ、耳元に一瞬ケルトの歌声を聴く「釧路の夏」……。郷愁や遠い種への憧れと交歓のほか、東日本大震災の原発事故を予言するかのような作品も興味深い。また、「遠い深い重たい底から。/暗い見えない涯のない過去から。/づづづづ わーる」と轟く草野心平の「夜の海」を始め、河邨文一郎の「サロベツ原野」、更科源蔵の「怒るオホーツク」、中原中也の「月夜の浜辺」などよく知られた詩群も味わえる。

週刊朝日 2016年9月2日号

海の詩集

若宮明彦、佐相憲一編

amazon
海の詩集

あわせて読みたい

  • 松山千春 北海道命名150年目記念! カバーミニアルバム『北のうたたち』4月リリース

    松山千春 北海道命名150年目記念! カバーミニアルバム『北のうたたち』4月リリース

    Billboard JAPAN

    3/26

    『金子みすゞをうたにする。』プロジェクト、竹原ピストル&坂本美雨の参加が決定

    『金子みすゞをうたにする。』プロジェクト、竹原ピストル&坂本美雨の参加が決定

    Billboard JAPAN

    9/26

  • 「なんだこれ?」清水ミチコが衝撃受けた「太打ちそば」とは

    「なんだこれ?」清水ミチコが衝撃受けた「太打ちそば」とは

    週刊朝日

    2/18

    サラリーマンも共感「失脚」描いた文楽作品とは?

    サラリーマンも共感「失脚」描いた文楽作品とは?

    週刊朝日

    3/1

  • ラジオマン・延江浩「山田詠美の小説を持ち歩く理由」
    筆者の顔写真

    延江浩

    ラジオマン・延江浩「山田詠美の小説を持ち歩く理由」

    週刊朝日

    11/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す