無罪請負人

話題の新刊

2014/05/22 19:15

 本書はあまたの刑事弁護に関わってきた弁護士が、自身の活動を基盤に「時代を映す鏡」としての刑事事件を解説したものだ。
「刑事」裁判は、犯罪を認定し具体的な刑罰を科すことを目的とし、私人の権利関係について争う「民事」裁判とは区別される。裁判制度自体、一般にピンと来るものではないかもしれない。しかし、これまで著者は厚生労働省官僚の郵便不正事件やロス疑惑など、普通の暮らしがある日一変する冤罪事件に多く関わってきた。「無罪請負人」はマスコミがそんな著者につけた呼び名でもある。それゆえ本書を支えるのは、刑事事件が自分たちの生活と「無縁なものではない」という問題意識だ。
 世間の注目を集めた事件の回想は弁護人しか知り得ない話が多く、貴重な資料といえる。しかし、最も注目すべきは事件に関わる根本的姿勢にある。著者は「弁護士は、あらゆることについて予断や偏見を持つべきではない」と語る。むしろ大事にしているのは「依頼人の話をよく聞くこと」という。他業種の人間でも、その言葉に学ぶところは大きい。

週刊朝日 2014年5月30日号

無罪請負人 刑事弁護とは何か?

弘中惇一郎著

amazon
無罪請負人 刑事弁護とは何か?

あわせて読みたい

  • 「紀州のドン・ファン」元妻“無罪請負人”を選任できず 雑談のみで完黙貫く 

    「紀州のドン・ファン」元妻“無罪請負人”を選任できず 雑談のみで完黙貫く 

    dot.

    5/12

    大阪地検フロッピー改ざん事件の弁護団に大物「ヤメ検」が加入

    大阪地検フロッピー改ざん事件の弁護団に大物「ヤメ検」が加入

    5/19

  • ゴーン氏の変装保釈は弁護団の周到な戦略 ミスター・ビーン風“埼玉作業着”の狙い

    ゴーン氏の変装保釈は弁護団の周到な戦略 ミスター・ビーン風“埼玉作業着”の狙い

    dot.

    3/7

    オウム・サリン事件から20年でも解けない高橋被告の“洗脳”

    オウム・サリン事件から20年でも解けない高橋被告の“洗脳”

    週刊朝日

    1/21

  • ホリエモン「ライブドア事件はもう忘れました」

    ホリエモン「ライブドア事件はもう忘れました」

    週刊朝日

    10/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す