ひとりブタ 談志と生きた二十五年

話題の新刊

2014/02/19 16:14

 立川談志に入門し、20年の修業期間を経て真打になった落語家が、師匠との蜜月時代から葛藤と確執を経て和解し、談志落語が体に沁み込むまでの月日を語りつくした。
 入門したてのころは師匠と銭湯に行き、前座仲間と3人がかりで背中を流したり、玄関の床に坐らされ、師匠が野菜を炒める音に負けないよう稽古させられたりした。だが、次第に疑問を覚える。あるときは月々の上納金を滞納した罰として、未納分の倍の金額をまとめて払わされた。二ツ目昇進の際には、昇進料の外に50万円を担保として預けさせられたが、未だに返してもらえずにいる。借金で工面したが、真打への昇進をかけた公演では大勢のファンの面前で2度も駄目出しをされ、もう客の前ではやるなと言われた。何度も師匠と刺し違えようかと思ったという。
 師匠の人間的な弱さを、清濁併せ持つ世の中の常として、あるいは人間の本質として呑みこみ、すべてを芸に昇華させる姿を、著者は兄弟子・志の輔に見る。とことん悩み、人間の業の肯定という談志の教えに向き合った半生には、落語の神髄がある。

週刊朝日 2014年2月28日号

ひとりブタ 談志と生きた二十五年

立川生志著

amazon
ひとりブタ 談志と生きた二十五年

あわせて読みたい

  • 立川談志、逝く

    立川談志、逝く

    週刊朝日

    12/7

    真打になると「師匠」は東京のルール? 落語家・春風亭一之輔が悩み吐露
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    真打になると「師匠」は東京のルール? 落語家・春風亭一之輔が悩み吐露

    週刊朝日

    12/21

  • 師弟の絆で芸を受け継ぐ 神田松之丞が見た「理想の講談師」の美学

    師弟の絆で芸を受け継ぐ 神田松之丞が見た「理想の講談師」の美学

    AERA

    11/24

    一之輔が思い返す柳家小三治の「子供みたいな」笑顔と可愛らしい芸人ぽさ
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    一之輔が思い返す柳家小三治の「子供みたいな」笑顔と可愛らしい芸人ぽさ

    週刊朝日

    10/24

  • B'z稲葉浩志×立川談春 落語対談公開「落語にとってとてつもなくプラス」

    B'z稲葉浩志×立川談春 落語対談公開「落語にとってとてつもなくプラス」

    Billboard JAPAN

    1/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す