書評『夢を売る男』百田尚樹著 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

夢を売る男 百田尚樹著

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川明子#話題の新刊

夢を売る男

百田尚樹著

978-4778313531
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 今、本が売れない。その一方で、世界中のブログで一番多く使われている言語は日本語だという。自己表現したい日本人の多さの表れでもある。また、文芸書の売り上げは減っているが、小説賞の応募数は右肩上がりだ。
 本書は、自分を表現したくてたまらない人々を言葉巧みに持ち上げ「ジョイント・プレス方式」での出版を持ちかける敏腕編集者を主人公にした物語。この方式は、出版費用を著者と出版社が折半するというものだ。言わば詐欺まがいの自費出版ビジネスだが、主人公は著者に作家気分を味わわせ、ベストセラーへの期待を持たせ、心の満足を与えているのだから、「客に夢を売る仕事」と言い切る。
 出版界の現状を赤裸々に描き、業界や作家を痛烈に批判。作家を夢見る素人や著者本人への皮肉もあり、ある種の爽快感すら漂う。しかし、主人公は決して出版界に絶望したわけではない。先日、別作品で本屋大賞を受賞し、書店員と喜びを分かち合った著者の執筆への熱意が、どこか主人公に重なって見える。
 単なるブラックコメディに留まらず、最後に胸が熱くなる作品。

週刊朝日 2013年5月31日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい