【マンガ】「娘がいつまでも独り身なんです」母さん、それソーシャルワーカーに相談することではないですよ

朝日新聞出版の本

2021/07/20 11:30

 イラストレーターのあさとひわさんが、レビー小体型認知症と診断された父(当時78)を母と一緒に支える日々を描いたコミックエッセイ『ねぼけノート 認知症はじめました』(朝日新聞出版)。「読んでいてほのぼのする」「家族の愛情を感じる」と話題ですが、介護の中では心が折れかけたこともあったと言います。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す