招致“ワイロ”や帳簿廃棄…竹田前JOC会長が疑惑調査の皮肉【長野五輪調査報告書・後編】

IOC

2021/06/15 08:00

 五輪が開催されるたびに必ず報じられるのは、招致ワイロ疑惑だ。まもなく開催予定の「東京2020」でも、招致委員会から海外のコンサルタント会社に支払われた約2億3千万円がIOC委員への買収工作に使われた疑いがあるとして、フランス当局が竹田恒和前JOC会長を聴取。捜査は現在も続いている。歴史は繰り返し、1998年に開かれた長野冬季五輪でも同じ疑惑が持ち上がっていた。

あわせて読みたい

  • IOC貴族への過剰接待リスト 渡航滞在費は夫妻450万円、土産代計6300万円【長野五輪調査報告書・前編】

    IOC貴族への過剰接待リスト 渡航滞在費は夫妻450万円、土産代計6300万円【長野五輪調査報告書・前編】

    dot.

    6/15

    JOC幹部が電車に飛び込み死亡 東京五輪を巡って繰り返される悲劇 

    JOC幹部が電車に飛び込み死亡 東京五輪を巡って繰り返される悲劇 

    dot.

    6/8

  • 五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    五輪招致めぐる「コンサル料」問題 背景にJOCの“内弁慶”

    AERA

    5/24

    運命の日は9月7日 五輪招致レースは水面下のロビー活動へ

    運命の日は9月7日 五輪招致レースは水面下のロビー活動へ

    週刊朝日

    7/14

  • 東京五輪の要人接遇費43億円の使い道を外務省に直撃 晩さん会や空港の赤じゅうたん…

    東京五輪の要人接遇費43億円の使い道を外務省に直撃 晩さん会や空港の赤じゅうたん…

    dot.

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す