再ブレイク「ジョイマン」が語る一発屋芸人から潮目が変わった日【独占】 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

再ブレイク「ジョイマン」が語る一発屋芸人から潮目が変わった日【独占】

連載「上方芸能ここだけの話」

中西正男dot.
お笑いコンビ「ジョイマン」(撮影/中西正男)

お笑いコンビ「ジョイマン」(撮影/中西正男)

 違和感たっぷりのラップを繰り出す高木晋哉さん(40)とツッコミの池谷和志さん(40)のコンビ「ジョイマン」。2008年頃から日本テレビ「エンタの神様」などで一気にブレークしましたが、いつしか“一発屋芸人”にカテゴライズされるように……。ただ、今年に入り、衣料用洗剤「アリエール」、先月からはハンバーガーチェーン「モスバーガー」のCMに相次いで出演。ここに来ての再ブレークしたその理由とは?

【写真】ジョイマンの一発屋芸人時代の恩人はこの人
***

高木:我がことながら、これだけ胸毛丸出しのヤツが洗剤とか食品のCMに出してもらえるなんて、本当に勇気あるオファーをいただいたなと思っています(笑)。

池谷:2月にお話があったんですけど、撮影当日までドッキリだと思っていましたからね。2008年以来13年ぶりのCMで、二人とも、もう40歳になってますから。そんな中で、2社続けて。そりゃ、ドッキリだとも思います。

高木:数年前から、自虐ネタみたいな流れもあって、少しずつお仕事が増えてきたりはしてたんですけど、今は新型コロナ禍でまた苦しくなってました。ただ、一番苦しかった時となると、具体的に思い浮かぶ期間が明確にありまして。11年からの4年ほど。この時期は本当に大変でした。

池谷:08年ごろにはたくさんお仕事をいただいたものの、そこから少しずつ減っていき、本当に仕事がなくなったのが11年。基本的には何も仕事がない。たまに入るのが一発屋芸人として、最高月収と最低月収を言って帰るという仕事。毎回、その内容でした。もちろん、それもお仕事としてはありがたいんですけど、たまにそれがあるだけの日々。その時期は確かにしんどかったですね。アルバイトもしてましたし。

高木:僕はその時期に、ブログでポエムを書き始めたんです。というのも、何か日々の仕事の話を書きたいんですけど、仕事がないので書くことがない。本当だったら「今日はフジテレビで〇〇の収録でした!」みたいなことを書けたらいいんですけど、ウソを書くわけにもいかないし、何もない中で何だったら書けるのか。それを考えて思いついたのがポエムだったんです。そんな中で書いているポエムなので、相当、暗くて、痛々しいことも書いてたと思うんですけど、それでも何もせずに陰鬱としているよりはずっとマシと言いますか。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい