カリスマ的人気のトレーナー・AYAが教える「自宅用トレーニング」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カリスマ的人気のトレーナー・AYAが教える「自宅用トレーニング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
「自宅でできるトレーニング」を教えてくれたフィットネストレーナーのAYAさん(撮影/写真部・松永卓也)

「自宅でできるトレーニング」を教えてくれたフィットネストレーナーのAYAさん(撮影/写真部・松永卓也)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、フィットネスクラブやスポーツジムは休業を余儀なくされている。そんななか、早期にレッスンを対面からオンラインに切り替え、緊急事態宣言以降も指導を続けているのは人気クロスフィットトレーナーのAYAさんだ。

【AYAさんの写真をもっと見る】

 鍛え抜かれた肉体とストイックな指導が評判を呼び、多くの著名人から指名が殺到する彼女。30日には新たにYouTuberとしてもデビュー(「AYA’sファンクショナルLIFE」)する。そんなAYAさんに「自粛中でもモチベーションを保つ秘訣」や「自宅でできるトレーニング」について話してくれた。

*  *  *
 フォロワー45万人を誇るフィットネストレーナーAYAさんは、Instagramで連日ハードな「今日のトレーニングメニュー」を発信している。プロフェッショナルから一般女性まで多くの支持を得ている彼女のもとには、メニューを実際にこなしたフォロワーからの相談・感想コメントが数多く寄せられている。 

 出版やプロデュースを手がけるトレーナーも数多くいるが、なぜ彼女は多くの支持を集めているのだろうか?
フィットネストレーナーのAYAさん(撮影/写真部・松永卓也)

フィットネストレーナーのAYAさん(撮影/写真部・松永卓也)

「分かりやすく、トレーニングの結果を自分の身体でみせて、発信していたからだと思います。これまで日本のトレーナーはあくまで裏方で、自分の身体を披露している人は少なかった。トレーニング本を出すにも撮影用のモデルを使うこともザラでした。一方、海外では『フィットネススター』と呼ばれる人たちがいて、“この人の身体になりたいからこの人のメソッド・ライフスタイルを追いかけよう”と思われる存在になっています。私も自分で体現してSNSで発信していたから『AYAみたいな身体になりたい』とトレーニングを受けにくる人が増えたのだと思います」

 そんな彼女だがトレーナーとしての滑り出しは好調ではなかった。体育大学を卒業後、スポーツジムのインストラクターと平行してモデルの仕事をしていたが、歯痒い日々が続いたという。

「その頃の日本のモデル業界は『筋肉はいらない』という考え方で、所属していた事務所から『もっと痩せて』『もっと細く』と不健康なことを言われていました。そのために大好きな運動をやめて、要求される体形には達したけれども、まるで自分の半分を失ったような感覚でした。インストラクターとしても筋肉をつけないようレッスンでの動きを抑えていたので、生徒たちからの信頼が落ちていくのを感じました」


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい