大森貝塚発掘には裏があった! 知られざる「お雇い外国人」たちの熾烈な争い

朝日新聞出版の本

2019/11/18 17:00

 地質学者としての才能を見いだされ、若くして日本へ派遣されたエドムント・ナウマンの功績をまとめた『地質学者ナウマン伝』(矢島道子著、朝日新聞出版)で明かされた、栄誉の裏にあった熾烈な競争、不本意な帰国、お雇い外国人たちの日本での動向の一端を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「見てしまった男」地質学者ナウマンの知られざる一面とは?

    「見てしまった男」地質学者ナウマンの知られざる一面とは?

    dot.

    11/4

    地球の危機?新しい地質時代「人新世」を考える。5月10日は「地質の日」です

    地球の危機?新しい地質時代「人新世」を考える。5月10日は「地質の日」です

    tenki.jp

    5/10

  • 歴史的事実の“隙間”に見えてきた新解釈 21世紀メアリー・アニングの映画の出現

    歴史的事実の“隙間”に見えてきた新解釈 21世紀メアリー・アニングの映画の出現

    dot.

    4/9

    天皇陵古墳に近代考古学や歴史学の研究成果が全く反映されない理由

    天皇陵古墳に近代考古学や歴史学の研究成果が全く反映されない理由

    dot.

    1/25

  • 遂に待望のリニューアルオープン!国立歴史民俗博物館・新第一展示室は迫力満点

    遂に待望のリニューアルオープン!国立歴史民俗博物館・新第一展示室は迫力満点

    tenki.jp

    5/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す