あまりに美しすぎた54年前の東京・丸の内「一丁倫敦」と都電 復刻再建した現在と比べると? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あまりに美しすぎた54年前の東京・丸の内「一丁倫敦」と都電 復刻再建した現在と比べると?

連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
諸河久dot.#アサヒカメラ#鉄道
「一丁倫敦」の面影を残す赤煉瓦の「三菱東9号館」を背景に丸の内のオフィス街を走る5系統永代橋行きの都電。馬場先門~都庁前(撮影/諸河久:1965年12月12日)

「一丁倫敦」の面影を残す赤煉瓦の「三菱東9号館」を背景に丸の内のオフィス街を走る5系統永代橋行きの都電。馬場先門~都庁前(撮影/諸河久:1965年12月12日)

 2020年の五輪に向けて、東京は変化を続けている。前回の東京五輪が開かれた1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は、まるでロンドンの街並みのようなオフィスビル街だった、丸の内「一丁倫敦(いっちょうろんどん)」を走る都電だ。

【54年が経過し、復刻再建された今はどれだけ変わった!? 現在の同じ場所の写真はこちら!】

*  *  *
 一丁倫敦。

 たとえ東京で暮らしていても、若い世代の読者にはピンとこないかもしれない。かつて、東京・丸の内にそう呼ばれる一帯があったのだ。

 江戸時代、丸の内の一帯は譜代・親藩の諸大名屋敷が軒を連ねていた。明治維新後、主を失った屋敷跡が放置され、狐狸が棲むともいわれた。この土地を三菱財閥の祖「岩崎弥太郎」が買い取ったため「三菱ヶ原」の異名があった。

 1880年代に入って、三菱ヶ原に洋風貸事務所を建築する構想が結実する。三菱の建築顧問であった英国人ジョサイア・コンドルが、クイーンアン様式の外観を基調とした煉瓦(れんが)造りの建築物を設計。建設工事はコンドルの弟子の曽禰達蔵が担当して1894年に竣工。最初の建物は「第1号館」と命名された。(1918年「東9号館」に改称され、後年「三菱東9号館」、「三菱旧1号館」とも呼ばれた)

三菱東9号館跡地のやや東側に復刻再建された「三菱一号館」。館内は三菱地所が運営する美術館になっている (撮影/諸河久:2019年3月19日)

三菱東9号館跡地のやや東側に復刻再建された「三菱一号館」。館内は三菱地所が運営する美術館になっている (撮影/諸河久:2019年3月19日)

 第1号館の竣工を嚆矢(こうし)として、隣接する西側に第2号館、鍛冶橋通りの反対側には第3号館、その西側の馬場先門南角地には「日本商工会議所」と、同じ意匠・軒高の赤煉瓦ビルが続々と竣工した。1910年代の丸の内界隈は、英国調・赤煉瓦ビル街に変貌し、一帯を称して「一丁倫敦」と呼ぶようになった。


■赤煉瓦造りの美しい佇まい

 写真に戻ろう。東京駅の南側に位置する、八丁堀線・鍛冶橋停留所を発車した5系統目黒駅前行きの都電は、埋め立てられた外濠に架かる鍛冶橋を渡り、国鉄東海道本線(現JR)のガードをくぐると都庁前停留所に到着する。左手には東京都庁舎(現在は新宿副都心に移転し、跡地は東京国際フォーラムとなった)、右手には直角方向に丸ノ内線の都庁前停留所があり、28系統錦糸町駅前行きや31系統三ノ輪橋行きの都電が折り返す。

 都庁前を後にして皇居東側の馬場先門に向かうと、右側の車窓に赤煉瓦造りの洋風建築が目に入ってくる。これが日本で最初のオフィスビルとなった前述の「三菱第1号館」だ。


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい