松田聖子、のりピーらアイドルから一発屋再生工場? サンミュージック50周年にカンニング、メイプルら160人集結 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

松田聖子、のりピーらアイドルから一発屋再生工場? サンミュージック50周年にカンニング、メイプルら160人集結

このエントリーをはてなブックマークに追加
金城珠代dot.#カンニング竹山
「サンミュージックグループ創立50周年記念式典」に出席したメイプル超合金、ダンディ坂野、カンニング竹山(撮影/福井しほ)

「サンミュージックグループ創立50周年記念式典」に出席したメイプル超合金、ダンディ坂野、カンニング竹山(撮影/福井しほ)

 ベッキーやカンニング竹山が所属する大手芸能事務所「サンミュージック グループ」(相澤正久社長)が27日、創立50周年を迎えた。都内のホテルで開かれた記念式典には、所属する歌手やお笑い芸人ら160人が一堂に会した。

【画像】ベッキーらタレント160人が集結
ベッキー、ダイヤモンドユカイらも出席(撮影/福井しほ)

ベッキー、ダイヤモンドユカイらも出席(撮影/福井しほ)


 所属タレント1号でアイドルとして所属した森田健作らが、2013年に亡くなった創業者の相澤秀禎会長との思い出を語り、相澤会長にスカウトされたという西郷輝彦は「ユー、オーラがあるねと言われた。運命だと思い、付いてきた」と語った。
(撮影/福井しほ)

(撮影/福井しほ)


 俳優の太川陽介は42年前の所属当初を振り返り「みんな親元離れて会長の家に居候していて、毎朝6時に叩き起こされてジョギングをしたんですよ。どんなに売れても最初は給料3万円。サンミュージックはファミリーだとずっと言っていた」と懐かしんだ。

 松田聖子や早見優、岡田有希子、酒井法子など女性アイドルを多く排出してきた同社だが、いまではお笑い芸人も数多く所属。最初に“あずかり”として所属したというお笑い芸人・ダンディ坂野は、「当時はお笑い担当が1人、デスクが1つで、肩身が狭かった。何年かしてゲッツで人気が出て、四谷三丁目(事務所の所在地)の奇跡と言われました」と話した。
(撮影/福井しほ)

(撮影/福井しほ)



 報道陣から“一発屋製造工場”と呼ばれることについて問われたカンニング竹山は、隣にいたスギちゃんやダンディ坂野らについて「一発屋と言われていますけど、1回テレビに出てからずっと食えている。一番汚いと思うのは、この人たちそこそこ(給料を)もらってますからね!」と釘をさし、「仕事がまったくゼロになる人がいないというのは、本人の努力もありますが、すごいことなんじゃないかと思います」と話した。

 メイプル超合金のカズレーザーは、事務所を選んだ理由を聞かれ「吉本興業さんとかは実力者が多くて競争が厳しそうなので、サンミュージックはこういう方たちだったので楽そうだなと思って。実際、楽でしたねえ」と笑いを誘った。
(撮影/福井しほ)

(撮影/福井しほ)

(AERA dot.編集部・金城珠代)

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい