消えゆく昭和の百貨店 歯止めがかからない長期低落傾向に「外商」と「場所貸し」ビジネスの算段

百貨店

2023/01/03 11:30

 年明け間もない1月31日、長年、東京・渋谷のランドマークとなってきた東急百貨店本店の営業が終了する。また、昨年11月には赤字続きだったそごう・西武百貨店の米投資ファンドへの売却が発表された。いつから百貨店はこんな姿になってしまったのか……。昭和の時代、百貨店は輝いていた。休日になると家族で買い物に出かけ、食事をし、屋上の遊園地で遊んだ。ところが、百貨店全体の売上高はバブル期の1991年に約9.7兆円に達して以降、長期低落傾向に歯止めがかからない。売上高はピーク時の半分以下になった。そんななか、百貨店各社は生き残り戦略として「外商」「場所貸し」に力を入れる。その背景に浮かび上がるのは、貧しくなっていく日本人の姿だ。

あわせて読みたい

  • 複合店とネット台頭に加え、百貨店の弱体化を招いた「王族意識」

    複合店とネット台頭に加え、百貨店の弱体化を招いた「王族意識」

    週刊朝日

    11/7

    百貨店がモノを売らない時代に 今のデパート、トレンドは?

    百貨店がモノを売らない時代に 今のデパート、トレンドは?

    週刊朝日

    12/18

  • 「小田急が何かをやりたがっている」苦境続く百貨店各社の次なる一手は?

    「小田急が何かをやりたがっている」苦境続く百貨店各社の次なる一手は?

    週刊朝日

    11/7

    【独占】花崎淑夫・元ルミネ会長 三越伊勢丹社長“解任”に「辞めさせる理由なし」

    【独占】花崎淑夫・元ルミネ会長 三越伊勢丹社長“解任”に「辞めさせる理由なし」

    週刊朝日

    3/30

  • バーニーズ・ニューヨーク新宿店閉店に「頭が痛い」地域組合 新宿はコロナによるダメージが大きいとの声も

    バーニーズ・ニューヨーク新宿店閉店に「頭が痛い」地域組合 新宿はコロナによるダメージが大きいとの声も

    AERA

    2/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す