「ブラック産業医」にだまされた39歳結婚相談所女性社員 社長とグルになって“解雇”させる手口とは?

産業医

2022/12/21 06:30

 一度メンタルの疾患で仕事を休職すると、職場への復帰は容易ではない。労働政策研究・研修機構の調査によると、メンタルヘルスの疾患で休職した労働者の職場への復職率は45.9%に留まっている。その復職率は脳血管疾患者(46.4%)やがん疾患者(47.5%)をも下回っており、メンタルの疾患が仕事に大きな影響を与えることを物語っている。だが、メンタルヘルスに関しては診断が難しい疾病も多く、企業側がそれを“悪用”して労働者を追い詰めるケースもある。元大手人材紹介会社教育研修部長で、長年にわたり転職先での活躍支援に携わる川野智己氏が、実際にあった転職者の悲劇を紹介する。

あわせて読みたい

  • 適応障害は7月こそ要注意 「誰でも発症する可能性ある」医師が警鐘

    適応障害は7月こそ要注意 「誰でも発症する可能性ある」医師が警鐘

    AERA

    7/15

    患者の理解度に差があるのに皆に同じような説明をする医師 「診察がストレス」になったら?

    患者の理解度に差があるのに皆に同じような説明をする医師 「診察がストレス」になったら?

    週刊朝日

    3/4

  • 「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

    「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

    週刊朝日

    5/26

    「カッコいい医師」は減るほうがいい!? 産業医・大室正志氏「目指すべき医師像」

    「カッコいい医師」は減るほうがいい!? 産業医・大室正志氏「目指すべき医師像」

    dot.

    2/17

  • セカンドオピニオンの「気まずさ」 後悔の声も

    セカンドオピニオンの「気まずさ」 後悔の声も

    AERA

    3/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す