「キャンパスにいても教室に来ない」大学生たちの本音は? コロナ禍で変わる大学の価値

大学

2022/11/05 17:00

 新型コロナウイルスの感染拡大は、大学生たちの生活だけでなく、学び方にも大きな変化をもたらした。2020年以降、一斉休校やオンライン授業を強いられた時期を経て、今年度からは多くの大学が対面授業を主軸に戻し、キャンパスには学生たちの活気が戻ってきた。しかし、「あえて教室に行かない」という学び方を選ぶ学生がいるという。聞けば、その理由は後ろ向きなものではない。そして、大学そのものやキャンパスという空間を持つ意味も変わってきている。今、大学生たちが学びの場をどう捉え、何を求めているのか取材した。

あわせて読みたい

  • 大学で対面授業再開も大教室に学生は3人だけ…「オンラインはかわいそう」は誤解?

    大学で対面授業再開も大教室に学生は3人だけ…「オンラインはかわいそう」は誤解?

    AERA

    12/24

    オンライン授業に高い学習効果 大学で「対面との組み合わせ」を模索する動きも

    オンライン授業に高い学習効果 大学で「対面との組み合わせ」を模索する動きも

    AERA

    12/25

  • 内田樹「文科省は大学の手を縛ってはならない」 オンライン・対面授業どうあるべきか

    内田樹「文科省は大学の手を縛ってはならない」 オンライン・対面授業どうあるべきか

    dot.

    5/7

    なぜ大学閉鎖なのにGoToはあり? 1年生に深まる孤立と不満「後期もオンラインなら心が折れる」

    なぜ大学閉鎖なのにGoToはあり? 1年生に深まる孤立と不満「後期もオンラインなら心が折れる」

    AERA

    9/1

  • 内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    dot.

    4/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す