「中学受験沼」にハマった48歳エリート会社員の悲劇 「偏差値35」から“御三家”狙う息子に何度も手を上げた

中学受験

2022/10/25 07:30

「沼にはまる」という言葉がある。何らかの対象に夢中なることを意味するが、時には、沼にはまりすぎて、仕事や家庭がないがしろにされ、崩壊寸前までいく人もいる。ライターの沢木文さんはそんな人々を取材して11月8日発売予定の『沼にはまる人々』(ポプラ社)にまとめた。同書では美容整形、筋トレ、ホストなど、さまざまな沼にはまった人々の実態が描かれているが、紹介しきれなった人も多い。AERA dot.では、そんな多種多様な「沼の人々」の事例を沢木さんの短期連載として配信する。初回は「中学受験」の沼にはまった男性のお話。

あわせて読みたい

  • 【後編】公立出身の父親がはまった「中学受験沼」の末路 息子は不登校&退学になり妻との関係も冷め切った

    【後編】公立出身の父親がはまった「中学受験沼」の末路 息子は不登校&退学になり妻との関係も冷め切った

    dot.

    10/25

    私立中高6年間でかかる学費、公立の何倍? 中学受験の新常識

    私立中高6年間でかかる学費、公立の何倍? 中学受験の新常識

    dot.

    7/16

  • 中学受験の“ラスボス”はお父さん? 「小6の最後になって登場して…」

    中学受験の“ラスボス”はお父さん? 「小6の最後になって登場して…」

    AERA

    7/11

    中学受験が史上空前の大激戦に!受験生急増「人気校」2つの特徴

    中学受験が史上空前の大激戦に!受験生急増「人気校」2つの特徴

    ダイヤモンド・オンライン

    4/19

  • 「学費の安い公立一貫校?それとも私立中?」と悩む小3母に、中学受験のプロの提案は
    筆者の顔写真

    安浪京子 矢萩邦彦

    「学費の安い公立一貫校?それとも私立中?」と悩む小3母に、中学受験のプロの提案は

    dot.

    8/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す