「すき家」のゼンショーがコロナ禍で過去最高益!数字でわかる「協力金」と「補助金」の威力

ビジネス

2022/10/14 07:00

 複数回の緊急事態宣言で大打撃を受けた外食産業。2021年の市場の全体売上は、コロナ前の2019年比で16.8%減でした(外食産業市場動向調査)。その一方で、「すき屋」などを運営する外食大手のゼンショーは、約139億円と過去最大の利益を上げています(22年3月期決算)。何があったのでしょうか? 『100分でわかる!決算書「分析」超入門2023』より紹介します。

あわせて読みたい

  • ソフトバンクGに学ぶ、ワンランク上の決算書の読み方 売上が増えなくても、利益が爆増するカラクリ

    ソフトバンクGに学ぶ、ワンランク上の決算書の読み方 売上が増えなくても、利益が爆増するカラクリ

    dot.

    1/31

    【数字オンチでもわかる】決算書を見る時、最初に押さえるべき超重要ポイント

    【数字オンチでもわかる】決算書を見る時、最初に押さえるべき超重要ポイント

    dot.

    5/25

  • 「決算書」でわかる ライザップとソフトバンクの意外な共通点

    「決算書」でわかる ライザップとソフトバンクの意外な共通点

    dot.

    1/31

    円安で企業の業績好調も、賃金の伸びは小さい現状 課題は経営者の積極姿勢の欠如か

    円安で企業の業績好調も、賃金の伸びは小さい現状 課題は経営者の積極姿勢の欠如か

    AERA

    10/6

  • 売上高が14%に減ったうえに…HISが苦しむ「800億円のキャンセル料」という重すぎる経営課題

    売上高が14%に減ったうえに…HISが苦しむ「800億円のキャンセル料」という重すぎる経営課題

    プレジデントオンライン

    1/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す