兵の士気を上げるための「えいえいおう」は全員で叫ぶものではなかった? 合戦「鬨の声」とは

歴史道

2022/10/09 08:00

 日本の合戦では勝利を得るために、規則や手順などの作法が決められていた。それは、開戦前の作戦会議から縁起担ぎ、合戦中の行動、さらに撤退時の「陣払い」まで多岐に及んでいる。週刊朝日ムック『歴史道別冊SPECIAL 戦国最強家臣団の真実』では「合戦の作法」を特集。ここでは兵の「士気の上げ方」と「奇策」を解説する。

あわせて読みたい

  • まず敵陣に向けて「音」の鳴る矢を放ち…戦国合戦の開始には定められた「作法」があった!

    まず敵陣に向けて「音」の鳴る矢を放ち…戦国合戦の開始には定められた「作法」があった!

    dot.

    10/8

    織田信長の「桶狭間」、毛利元就の「厳島」 敵の裏をかいて大軍撃破した“奇襲”と“撹乱”

    織田信長の「桶狭間」、毛利元就の「厳島」 敵の裏をかいて大軍撃破した“奇襲”と“撹乱”

    dot.

    1/17

  • 合戦の「八陣」は諸葛亮孔明の発案? 日本流の軍学が昇華させた「勝つため」の陣形とは

    合戦の「八陣」は諸葛亮孔明の発案? 日本流の軍学が昇華させた「勝つため」の陣形とは

    dot.

    1/16

    「小早川秀秋は開戦と同時に寝返った」は本当か? 関ヶ原合戦ドキュメント「裏切り」の謎

    「小早川秀秋は開戦と同時に寝返った」は本当か? 関ヶ原合戦ドキュメント「裏切り」の謎

    dot.

    1/2

  • 関ヶ原の決戦前後に繰り広げられた全国の「局地戦」 真田昌幸・幸村が知略を駆使した戦いとは?

    関ヶ原の決戦前後に繰り広げられた全国の「局地戦」 真田昌幸・幸村が知略を駆使した戦いとは?

    dot.

    1/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す