ベビーシッター“連続わいせつ事件”被告に懲役20年 舞台となった「キッズライン」社長は何を思うのか

キッズライン

2022/09/03 08:00

ベビーシッターのマッチングアプリを使って、男児20人に性的暴行やわいせつ行為などをした罪に問われた元ベビーシッターの橋本晃典被告(31)に対し、東京地裁は懲役20年の実刑判決を言い渡した。最初に事件が発覚した2020年4月、ベビーシッターのマッチングアプリ「キッズライン」を使用して犯行に及んだことが報道され、同様のサービスが拡大する中で社会に衝撃を与えた。同社については、初動で情報開示をしなかったことや社長がコメントを出さないことなどが批判され、システム上の問題点も多く指摘された。厚生労働省はマッチングサイトの運用に関するガイドラインを見直し対応に動いたが、いまだ抜本的な再発防止策は見えていない。

あわせて読みたい

  • シッターアプリ大手「キッズライン」で起きた ベビーシッター男児強制わいせつ事件の全容

    シッターアプリ大手「キッズライン」で起きた ベビーシッター男児強制わいせつ事件の全容

    dot.

    5/3

    キッズライン事件の「その後」 ジャーナリストが感じた“企業体質”とは

    キッズライン事件の「その後」 ジャーナリストが感じた“企業体質”とは

    dot.

    6/12

  • わいせつ事件があった「キッズライン」でまた不祥事 経沢香保子社長の「涙の謝罪」は何だったのか

    わいせつ事件があった「キッズライン」でまた不祥事 経沢香保子社長の「涙の謝罪」は何だったのか

    dot.

    1/30

    2人目の逮捕者が出た「キッズライン」 それでも行政は「助成金」を支払い続けるのか

    2人目の逮捕者が出た「キッズライン」 それでも行政は「助成金」を支払い続けるのか

    dot.

    6/20

  • バスツアーだけじゃない 保育やレーシックでも起きる“格安の悲劇”

    バスツアーだけじゃない 保育やレーシックでも起きる“格安の悲劇”

    週刊朝日

    1/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す