山の遭難は8割が40歳以上「若いころスポーツやっていた」 中高年の過信に健康登山塾長が警鐘

ヘルス

2022/08/31 07:00

健康を維持するための運動の一つとして登山をする中高年は多い。しかし、自力で下山できなくなって救助要請をするのが多いのも年齢を重ねた人たちだ。日本山岳会群馬支部が主催する「健康登山塾」で塾長をつとめる齋藤繁医師に、中高年が登山で気をつけるべき点などを聞いた。

あわせて読みたい

  • 富士山登山で「疲労で歩けない」「体力の限界」と救助要請 高山病や低体温症に注意

    富士山登山で「疲労で歩けない」「体力の限界」と救助要請 高山病や低体温症に注意

    dot.

    8/25

    経験が災いする? 高齢者登山の落とし穴

    経験が災いする? 高齢者登山の落とし穴

    週刊朝日

    7/12

  • “富士山に登るのが無謀”なのはこんな人

    “富士山に登るのが無謀”なのはこんな人

    週刊朝日

    7/9

    都市部近郊の山で遭難者が増加 コロナ禍の体力不足、無計画…「低い山」と侮るなかれ

    都市部近郊の山で遭難者が増加 コロナ禍の体力不足、無計画…「低い山」と侮るなかれ

    dot.

    10/30

  • 栗城史多さん死去 富士山でも知っておきたい登山の「リスク」

    栗城史多さん死去 富士山でも知っておきたい登山の「リスク」

    週刊朝日

    5/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す