旧統一教会「霊感商法」を本格追及した朝日ジャーナル名物記者への非道な抗議と嫌がらせ電話の「中身」

旧統一教会

2022/08/09 08:00

 7月8日に安倍晋三元首相銃撃事件が起こってから1カ月が経った。逮捕された山上徹也容疑者の動機について、犯行直後は「母親が“ある宗教団体”にのめり込んで多額の寄付をしたことで家庭が崩壊。恨みがあったと供述した」などと報じられた。その後、同月11日に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が会見を開くまで宗教の団体名を報じるマスコミはほとんどなかった。なぜ、多くの報道機関は旧統一教会の名前を出すことを躊躇したのか? その理由について、1980年代に「朝日ジャーナル」で霊感商法を鋭く追及した元朝日新聞記者、藤森研さんが実体験をもとに語った。

あわせて読みたい

  • 旧統一教会への追及、急先鋒だった「朝日ジャーナル」と「週刊文春」の報道とは?

    旧統一教会への追及、急先鋒だった「朝日ジャーナル」と「週刊文春」の報道とは?

    AERA

    8/31

    旧統一教会問題「空白の30年」を経た今 有田芳生らが問いかけるメディアの役割

    旧統一教会問題「空白の30年」を経た今 有田芳生らが問いかけるメディアの役割

    AERA

    9/1

  • 【朝日ジャーナル #7】統一教会「霊感商法」幼稚な脅迫電話(1987年1月30日号)

    【朝日ジャーナル #7】統一教会「霊感商法」幼稚な脅迫電話(1987年1月30日号)

    dot.

    9/2

    「朝日ジャーナル」が報じた旧統一教会「霊感商法」の実態 原価3万円の壺を147万円で売りつけ

    「朝日ジャーナル」が報じた旧統一教会「霊感商法」の実態 原価3万円の壺を147万円で売りつけ

    週刊朝日

    8/15

  • 山谷えり子元拉致問題担当相は否定でも 旧統一教会の元信者は「選挙カーに乗ってアナウンスした」

    山谷えり子元拉致問題担当相は否定でも 旧統一教会の元信者は「選挙カーに乗ってアナウンスした」

    dot.

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す