ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

ヤングケアラー

2022/08/01 09:00

 本来は大人が担う家事や家族の世話などを日常的に行う子どもを指す「ヤングケアラー」。年齢に見合わない重い責任や負担を負うことでメンタルヘルスや教育への悪影響が懸念されている。そのため2020年度、厚生労働省は文部科学省と連携して初の全国調査を実施した。すると、中学2年生の5.7%、全日制高校2年生の4.1%がヤングケアラーであることが浮かび上がった。この調査結果などを踏まえて今年3月、国は「多機関・多職種連携によるヤングケアラー支援マニュアル」を整備。各自治体でも支援の動きが本格化している。一方、全国に先駆けてヤングケアラー相談窓口を設けた神戸市に取材すると、法令や制度の壁に阻まれ、支援マニュアルが十分に機能しない現状も見えてきた。

あわせて読みたい

  • 7月号作家・ジャーナリスト 篠原 匡 Shinohara Tadashi困窮者の支援に奮闘する市役所と地域の物語

    7月号作家・ジャーナリスト 篠原 匡 Shinohara Tadashi困窮者の支援に奮闘する市役所と地域の物語

    7/12

    中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

    中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

    AERA

    11/10

  • ワーキングケアラー「逆流現象」? 大手も対応に走る

    ワーキングケアラー「逆流現象」? 大手も対応に走る

    AERA

    8/6

    子どもを“認知症キッズサポーター”に 認知症に新たな取り組み

    子どもを“認知症キッズサポーター”に 認知症に新たな取り組み

    AERA

    11/8

  • 「生きているだけまし」と言われても…知られざる震災障害者の苦悩

    「生きているだけまし」と言われても…知られざる震災障害者の苦悩

    AERA

    4/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す