「中国の毒を飲んでも」生きていかなきゃならないラオスの切ない国事情 ラオス中国鉄道の功罪

旅をせんとや生まれけむ

2022/07/22 17:00

 あまりの中国だった。ラオスのヴィエンチャン駅。その外観を見たとき、ここがラオスということを忘れそうになった。高さ25メートルという駅舎は、権威を誇示するような中国の駅によく似ている。掲げられた駅名はラオス語と中国語だ。

あわせて読みたい

  • ラオス唯一の駅から線路が伸びない裏事情 <下川裕治のどこへと訊かれて>
    筆者の顔写真

    下川裕治

    ラオス唯一の駅から線路が伸びない裏事情 <下川裕治のどこへと訊かれて>

    dot.

    4/6

    「やがて幻に」。写真家・米屋こうじが写す東南アジアの鉄道風景

    「やがて幻に」。写真家・米屋こうじが写す東南アジアの鉄道風景

    dot.

    7/28

  • アジアでいちばんおいしいビールも! “アジアの純情”ラオスブームついに到来?

    アジアでいちばんおいしいビールも! “アジアの純情”ラオスブームついに到来?

    dot.

    6/1

    「永遠に走らん」と思われていたカンボジアの鉄道が半分復活! それでも苛立つ理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>
    筆者の顔写真

    下川裕治

    「永遠に走らん」と思われていたカンボジアの鉄道が半分復活! それでも苛立つ理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>

    dot.

    2/15

  • 第2回 中国の人海を泳ぐ

    第2回 中国の人海を泳ぐ

    8/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す