子宮筋腫は治療が必要とは限らない 症状をやわらげるための対症療法とは? 医師が解説

ヘルス

2022/07/19 18:15

子宮筋腫は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの影響を受けて大きくなる。そのため、女性ホルモンの分泌がさかんな20~40代の人に多く、40代では3~4人に1人が筋腫をもっているといわれる。子宮筋腫の治療にはいくつかの方法があり、それぞれにメリット、デメリットがある。自らのライフスタイルに合う最善の治療法を選択するためには、患者自身がまず治療法について理解し、選択肢を知ることが求められる。

あわせて読みたい

  • 子宮筋腫を治療するかしないか、医師が語る「決め手」は? 治療して妊娠につながるメリットも

    子宮筋腫を治療するかしないか、医師が語る「決め手」は? 治療して妊娠につながるメリットも

    dot.

    7/22

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    dot.

    7/18

  • 「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

    「子宮頸がん」で手術が必要なケースとは? がんになる前の段階「異形成」からおこなう円錐切除術

    dot.

    5/9

    治療後に妊娠したい場合は? 若い女性に多い「子宮頸がん」という病

    治療後に妊娠したい場合は? 若い女性に多い「子宮頸がん」という病

    週刊朝日

    3/4

  • 【子宮・卵巣がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? ロボット手術も選択肢に 専門医が解説

    【子宮・卵巣がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? ロボット手術も選択肢に 専門医が解説

    dot.

    3/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す