「定住には戻れない」 40カ所以上で暮らした女性の多拠点居住

「多拠点居住」にトライした2人の実感(1)

2022/07/24 08:00

 特定の「家」を持たず、その時々で好きな住居を転々とする暮らし方がある。これを「多拠点居住」、多拠点居住を選択した人々を「アドレスホッパー」などと呼ぶ。

あわせて読みたい

  • 「きっかけはお遍路だった」 究極の断捨離を実現した男性の多拠点居住  

    「きっかけはお遍路だった」 究極の断捨離を実現した男性の多拠点居住  

    dot.

    7/25

    「月額4万円」定額住み放題で「場所を問わない」働き方 コロナ禍に若者の利用者が急増

    「月額4万円」定額住み放題で「場所を問わない」働き方 コロナ禍に若者の利用者が急増

    AERA

    8/13

  • 国内外8万2千円で住み放題「住居サブスク」が人気 地元人との「ゆるいコミュニティー」も魅力

    国内外8万2千円で住み放題「住居サブスク」が人気 地元人との「ゆるいコミュニティー」も魅力

    AERA

    8/12

    大学生の2人に1人が利用する奨学金制度 返済義務のない新しい「給付型」とは?

    大学生の2人に1人が利用する奨学金制度 返済義務のない新しい「給付型」とは?

    dot.

    8/18

  • コロナ苦境で赤字のJR「再結集」はあり得るのか? JR西日本社長が語る「NTTとの違い」

    コロナ苦境で赤字のJR「再結集」はあり得るのか? JR西日本社長が語る「NTTとの違い」

    AERA

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す