6月は「受験後うつ」に要注意! 難関校に合格した“優等生”を襲う見えないストレス

うつ

2022/06/09 08:00

厳しい受験競争を勝ち抜き、第1志望に合格した子どもたちは、誇らしい気持ちで春からの新生活を満喫している――と思われがちだが、実はそうとも限らない。特に難関校の合格を勝ち取った子どもこそ注意すべきなのは、「受験後うつ」の兆候だ。症状が悪化すると、イライラして暴言を吐いたり、家庭内暴力に発展したりすることもある。この時期、いわゆる“受験エリート”に何が起きているのか。受験を専門に扱う心療内科「本郷赤門前クリニック」院長の吉田たかよし医師に、「受験後うつ」の原因や親が気を付けるべきポイントを聞いた。

あわせて読みたい

  • 子どもの「受験うつ」には変顔が効果的? 「母親の孤独」が原因のケースも

    子どもの「受験うつ」には変顔が効果的? 「母親の孤独」が原因のケースも

    週刊朝日

    12/4

    好成績も要因!? イチョウが色づくと増える「受験うつ」チェックリスト

    好成績も要因!? イチョウが色づくと増える「受験うつ」チェックリスト

    週刊朝日

    12/4

  • 親子「二人三脚」の中学受験にひそむ落とし穴 中学入学後に伸びる子、苦しむ子の違いとは
    筆者の顔写真

    矢野耕平

    親子「二人三脚」の中学受験にひそむ落とし穴 中学入学後に伸びる子、苦しむ子の違いとは

    dot.

    10/15

    下剋上受験

    下剋上受験

    週刊朝日

    2/10

  • 「夫が育児を“手伝う”ではダメ」専門家が指摘 コロナ禍で「産後うつ」急増か 

    「夫が育児を“手伝う”ではダメ」専門家が指摘 コロナ禍で「産後うつ」急増か 

    dot.

    3/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す