ジェフ・ベゾスが甦らせた名門「ワシントン・ポスト」有料デジタル版が大成功した秘密

【メディアDX研究2】

2021/11/08 10:30

 昨年から続くコロナ禍の影響で、世界中の飲食業や観光業など様々な業界が経営難にあえいでいるが、新聞などのメディア業界も例外ではない。アメリカではロックダウンなどの影響で広告収入が激減、1年半の間で90以上の新聞社などが閉鎖に追い込まれた。

あわせて読みたい

  • 【メディアDX 研究1】リンゴ・スター、プーチン大統領の愛人らセレブの「租税回避」暴いたパンドラ文書はなぜ、すごいのか 

    【メディアDX 研究1】リンゴ・スター、プーチン大統領の愛人らセレブの「租税回避」暴いたパンドラ文書はなぜ、すごいのか 

    dot.

    11/7

    津田大介「米国に見る、新聞の生き残り策」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「米国に見る、新聞の生き残り策」

    週刊朝日

    6/13

  • 雑誌不況に負けない米の高級誌「ニューヨーカー」 コロナ禍でもサブスクで二桁台の成長

    雑誌不況に負けない米の高級誌「ニューヨーカー」 コロナ禍でもサブスクで二桁台の成長

    dot.

    11/9

    津田大介「ロボット記者が突きつける報道の原点」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「ロボット記者が突きつける報道の原点」

    週刊朝日

    8/30

  • 津田大介「新聞にネット業界の人材登用の時代」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「新聞にネット業界の人材登用の時代」

    週刊朝日

    6/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す