サッカー日本代表に欲しい“攻めの姿勢” 11月シリーズで「抜擢したい」選手は?

サッカー日本代表

2021/10/25 18:00

日本代表の三好康児(c)JFA
日本代表の三好康児(c)JFA

 2022年カタールW杯アジア最終予選。オーストラリア相手に劇的勝利を収めて息を吹き返した日本代表は、11月にベトナム戦(11日)、オマーン戦(16日)のアウェー2連戦に向かう。求められるのは「2連勝」。そこで重要なポイントになるのが、森保一監督がどのシステムを採用し、誰をスタメンとしてピッチに送り出すかである。

【ランキング】久保19億、堂安10億… サッカー日本代表「市場価格」

 2対1で勝利したオーストラリア戦では、システムを「4-2-3-1」から「4-3-3」に変更。田中碧、守田英正、遠藤航の中盤が機能し、両サイドが高い位置を保つことでピッチ上の“窮屈さ”が解消された。そして何より“勝利”したことは大きな自信になる。この流れを維持し、自信を確信に変えるためにも、引き続き「4-3-3」を採用すべきだろう。1トップを務めた大迫勇也が負傷離脱し、10月の2試合で不在だった久保建英、堂安律の2人も復帰の見通しは立っていないという状況下において、4つのポジション、「1トップ」、「左ウイング」、「左サイドバック」、「インサイドハーフ」に新たな選手を抜擢し、さらなる進化を追い求めてもいいはずだ。

 まず「1トップ」。大迫が負傷から復帰できる可能性も残されてはいるが、本大会を見据えた場合にも世代交代は必要不可欠なポジションだ。候補としては、古橋亨梧、オナイウ阿道のほか、上田綺世、前田大然、さらに鈴木優磨、江坂任らの名前が挙がり、南野拓実を起用することも可能だ。だが、「ゴールの実績」を重視するならば、やはりセルティックで出場&得点を続ける古橋に任せたい。これまでは左MFや途中出場で1トップに入ることはあったが、最も能力を生かせるのは中央であり、最初からピッチに立てばパフォーマンスも変わってくる。

 能力的には鈴木も試す価値があるが、これまで森保監督が頑なに招集せず、東京五輪組はまだ経験不足(これまでに積ませておくべきだったが……)。オナイウは有効な一手になり得るだろうが、数少ないパワー型FWは切り札としてベンチに置いておきたい。南野は所属先のリバプールでの出場機会の少なさがマイナス。ストライカーならば、古橋のように常時出場の中でゴールへの嗅覚と感覚を研ぎ澄ませておかなくてはならない。

NEXT

長友の後継者候補は?

1 2 3

あわせて読みたい

  • 真価問われる中島、南野、堂安の“ミラクル3” ロシア組に主役譲らぬ活躍を【河治良幸】

    真価問われる中島、南野、堂安の“ミラクル3” ロシア組に主役譲らぬ活躍を【河治良幸】

    dot.

    10/6

    “脱・大迫”など世代交代が必須に…日本代表で期待したい“新戦力”は誰だ

    “脱・大迫”など世代交代が必須に…日本代表で期待したい“新戦力”は誰だ

    dot.

    9/6

  • いまいち腑に落ちない人のための、森保ジャパン“3バックの使い方”講座

    いまいち腑に落ちない人のための、森保ジャパン“3バックの使い方”講座

    dot.

    6/7

    久保建英を日本代表でどう生かす? プレースキッカーとしての期待も

    久保建英を日本代表でどう生かす? プレースキッカーとしての期待も

    dot.

    6/4

  • 久保建英が中島翔哉の孤立を救う? 森保ジャパンに風穴あける新たな選択肢

    久保建英が中島翔哉の孤立を救う? 森保ジャパンに風穴あける新たな選択肢

    dot.

    6/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す