長官『拝察』発言で、菅官邸が気を揉む天皇陛下の東京五輪の開会式出席

2021/07/06 16:30

  宮内庁の西村泰彦長官が五輪に対する天皇陛下の懸念に触れた、いわゆる「拝察」発言で、東京五輪を巡る政府と宮内庁との溝が浮き彫りとなった。これにより名誉総裁である陛下が五輪の開会式に出席するのか、またどのような開会宣言を発するか注目が集まっている。ある政府関係者は言う。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す