宴会に参加したYouTuberは本当に人気者なのか「代わりはいくらでもいる」と厳しい指摘 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宴会に参加したYouTuberは本当に人気者なのか「代わりはいくらでもいる」と厳しい指摘

牧忠則dot.
緊急事態宣言下の繁華街の様子(C)朝日新聞社

緊急事態宣言下の繁華街の様子(C)朝日新聞社

 人気YouTuberたちが緊急事態宣言下で深夜に宴会を開いていたことが週刊文春の報道で発覚した。参加したYouTuberは「しばなんチャンネル」のあやなん、「水溜りボンド」のトミー、「アバンティーズ」のそらちぃなど計31人。チャンネル登録者数を合計すると2300万人を超える豪華なメンバーだが、世間の認知度が高いと言えばそうでもない。

【写真】大量食べ残しで炎上したYouTuberはこちら

 SNS、ネット上では「若者の代表みたいな感じで人気者気取りだけど、誰一人として知らない。ごく1部の界隈で有名になって調子に乗ったんだろうなあ。こんなの流行になるのは一瞬だけなのに」、「世間は誰も知らないのに痛々しい。大人数が深夜に路上で泥酔していても通行人が誰も気づかないのがその証拠だよ」などのコメントが。

 YouTuber事務所の関係者はYouTuberの実態についてこう話す。

「彼らが街で歩いていても意外に気づかれません。オーラがないとかではなく、純粋に知らない人が多い。YouTubeがブームになっていると言っても、テレビを見る全体の視聴者数に比べると少ないし、HIKAKI、ヒカルなどあそこまで突き抜ければ別ですが、視聴者が熱狂的に応援するYouTuberは少ないんです。面白いと思っても2、3カ月ぐらいで飽きられてしまうケースが多い。正直、代わりはいくらでもいる。チャンネル登録者数が多いと人気があると勘違いされますが、最初に登録してその後は見ないという人も多い。登録しても欠かさずに配信動画を見ている視聴者は4分の1以下でしょう。だから、不祥事が命取りになる。コンプライアンスに違反したり、社会のルールを守れない人間はスポンサーも離れるし、視聴者も徐々に離れる。宴会に出たYouTuberは登録者数が意外に減っていないと思うかもしれませんが、これからが厳しいですよ。批判的なコメントが多く書き込まれて、『信者』と呼ばれる視聴者も離れてしまう」

 今回の深夜の泥酔騒動が報じられると、参加したYouTuberは謝罪の動画を配信したが、一部のYouTuberは反省の色を見せず、開き直った態度や発言をしたことで、さらにネットが炎上する事態となっている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい