医学部時代に「うつ病」 14年かけて医師になった男性が語る「習慣を立て直す」課題

うつ病

2021/06/10 09:00

 日本人の約15人に1人が罹患するといわれるうつ病。小川亮さん(37)は、大学医学部生のときにうつ病を発症し、大学に行けなくなりました。その後、病気と付き合いながら12年かかって大学を卒業。現在は心の健康を扱う研究所で研究員をしています。

あわせて読みたい

  • 「うつ病」医学部生が12年かかって卒業した道のり 最初は1行のメールが打てなくなり…

    「うつ病」医学部生が12年かかって卒業した道のり 最初は1行のメールが打てなくなり…

    dot.

    6/10

    2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは

    2022年度から高校で「精神疾患」の授業が開始 若い世代が「心の病気」を学ぶ意味とは

    dot.

    1/4

  • 不登校・自殺の原因にもなる精神疾患の予防と回復について専門医がわかりやすく解説する『心の病気にかかる子どもたち』が1月20日発売

    不登校・自殺の原因にもなる精神疾患の予防と回復について専門医がわかりやすく解説する『心の病気にかかる子どもたち』が1月20日発売

    1/20

    思春期の「心の病気」を減らせるか? 保健体育の教育の変革とは?

    思春期の「心の病気」を減らせるか? 保健体育の教育の変革とは?

    dot.

    3/26

  • 思春期の子の「心の病気」に親は気づけるか? 

    思春期の子の「心の病気」に親は気づけるか? 

    dot.

    5/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す