クロちゃん「団長のしつこさは今も苦手(笑)」安田大サーカス20周年 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クロちゃん「団長のしつこさは今も苦手(笑)」安田大サーカス20周年

連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」

dot.#クロちゃん
クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)

クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)

貴重な安田大サーカスの若手時代(写真:松竹芸能提供)

貴重な安田大サーカスの若手時代(写真:松竹芸能提供)

 安田大サーカスのクロちゃんが、気になるトピックについて“真実”のみを語る連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」。今回のテーマは、「安田大サーカス20周年」。クロちゃんが所属する安田大サーカスが先月20周年を迎えた。そもそもアイドルになりたかったはずのクロちゃんが、20年もの間、グループを辞めずに続けてこられた理由とは?

【写真】クロちゃんが若い!安田大サーカスの若手時代はこちら

*  *  *
 安田大サーカスが、先月20周年を迎えた。

 節目な年ということもあって、ここ最近は、周りから色々と声をかけてもらうことも多かった。

 ただ…

 正直なことをいうと、ボクは20周年をまったく意識したことはないし、特別なことと感じたことも一度もない。

 こんな言い方をすると、安田大サーカスに、そんなに特別な思い入れがないように聞こえるけど、別にそういうわけじゃない。

 この連載で何度も伝えているけど、そもそもボクはアイドルになりたくて松竹芸能に入ったのに、マネジャーに騙されて、安田大サーカスに加入することになった。だから、最初はネタ1本だけやったらすぐに辞めるつもりだった。

 それなのに、ネタ番組とか順調にポンポンって決まっちゃって全然辞められなくて、何年もの間、ずっと「辞めたい」って気持ちを持ちながら活動していたの。

 つまり、安田大サーカスに本腰を入れ始めてから、ボクは20年も経っていないんだよね。

 だから、20周年って言われてもピンとこないし、何も感じないんだ。

 きっと団長は、ネタも考えて、自分がリーダーとしてやってきたから、ボクよりももっと感慨深いものが当然あると思う(HIRO君はよくわからない)。コロナになる前までは、「20周年はライブツアーをやりたい」みたいなことはよく話していたしね。

 でも、ボクは正直ライブツアーなんて全然やりたくない(笑)。

 20周年っていう感覚がそもそもないんだから、そんな気分にもなれない。それに団長のネタ合わせも、長いから嫌だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい