嫌われる「ゆきぽよ」と好感度急上昇の「みちょぱ」 明暗を分けた“2人のギャル”の違いとは (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

嫌われる「ゆきぽよ」と好感度急上昇の「みちょぱ」 明暗を分けた“2人のギャル”の違いとは

飯塚大和dot.#みちょぱ#ゆきぽよ#ギャル
ゆきぽよ(左)とみちょぱ(C)朝日新聞社

ゆきぽよ(左)とみちょぱ(C)朝日新聞社

 今、芸能界で「2人のギャル」が注目を集めている。「みちょぱ」こと池田美優(22)と、「ゆきぽよ」こと木村有希(24)だ。みちょぱは先日報じられた男性モデルとの熱愛報道を機に、むしろ好感度が上がっている印象があるが、ゆきぽよは過去に親交のあった男性が薬物使用で逮捕されたと報じられた1月以降、復帰報道のたびに批判が噴出している。どちらも“スキャンダル”が報じられたギャル系のタレントという共通点があるのに、なぜ、これほどまで人気に差が出てしまうのか。

【写真】芸能界から「干された」ギャル系タレントといえばこの人

*  *  *
 まず、2人の基本的なデータから整理しよう。年齢はゆきぽよの方が2歳年上。肩書はともに「ファッションモデル」「タレント」だが、みちょぱはファッション雑誌『Popteen』のモデルとしてブレークし、2015年には藤田ニコル(23)らと共に「カリスマモデル四天王」としてテレビ番組で紹介されるようになった。16年には『ダウンタウンDX』など人気番組にも出演するようになり、あけすけなトークも支持されて、知名度を上げていった。

 一方、ゆきぽよも読者モデル出身で、ギャル系雑誌『egg』で若者の支持を集めた。本格的にブレークしたのは、17年に恋愛リアリティー番組「バチェラー・ジャパン・シーズン1」への出演。「彼氏が留置場に行っちゃう」など歯に衣着せぬ発言が注目されて、人気が急上昇した。

 2人とも読者モデル出身で、ギャル系ならではのぶっちゃけトークで人気を博したタイプといえそうだが、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏は、「ゆきぽよの方が、物言いがストレートで私生活もあけすけに話している印象だ」と語る。

「ゆきぽよは『元カレが逮捕された』などの武勇伝を披露していましたが、みちょぱの口からは、そうした話はあまり出ません。みちょぱはハレーションを考えて、言葉を選んでいる印象です。ゆきぽよのトークは“キャラ”だから許されるのであって、ワルが現在進行形だと分かると、世間は冷たい。今は昔と違って、不良や反社会的勢力にかっこよさを見いだす風潮は無くなっていて、犯罪的行為は絶対に悪です。アウトローがかっこいいという時代ではないのです」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい