「だるい」「気力がわかない」は自律神経の乱れ? 「ゆっくり」意識で解決 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「だるい」「気力がわかない」は自律神経の乱れ? 「ゆっくり」意識で解決

※写真はイメージです

※写真はイメージです

 忙しい毎日に加え、春は不安定な天候や生活環境の変化などで緊張や不安、ストレスなどを抱えがちです。精神的に落ち着かない状態が続くと、自律神経の乱れや心身の不調につながります。心身を整えるために効果的なケアを、自律神経研究の第一人者である小林弘幸先生に聞きました。Q&A形式でお届けします。(セルフドクターWebより転載)

【リスト】自律神経のバランスをセルフチェックはこちら

*  *  *
■Q:最近、体がだるくて気力がわきません。何かの病気でしょうか?

 自律神経は、内臓の働きや血管、呼吸などをコントロールしている神経で、交感神経と副交感神経の2つがあります。この両方が互いにバランスを取り合いながら、心身を調節しています。

 しかし、年齢を重ねると共に自律神経の働きは衰えてきます。近年の研究では、特に副交感神経の働きが低下してくることが分かってきました。これには、ストレスはもちろん、運動不足や性ホルモンの影響など、様々な要因が関係しています。副交感神経の働きが低下し、交感神経が優位な状態が続くと、血管が収縮したままで血流は悪化。このように、自律神経の乱れによる血流障害が、「だるい」、「気力がわかない」といった“疲れ”を招くのです。

●自律神経のバランスをセルフチェック!
当てはまる項目をチェックしましょう。

■Q:春は過ごしやすい季節なのに疲れやすいのはなぜ?

 不安定な天候になりがちな春は、転勤や転居など、環境が変わることも多い時期です。また、環境の変化に慣れてきた頃に大型連休があり、生活のリズムを崩してしまうことも少なくありません。

 このような気温・気圧の変動や環境の変化、生活のリズムを崩すことも自律神経を乱し、疲れを招くのです。連休明けにやる気が出ない、だるいなど、“五月病“を訴える人が増えるのも、こういった要因が関係しています。

 休日であっても起床・就寝時間や食事の回数を変えないようにするなど、生活のリズムを崩さないようにすると自律神経は整いやすく、五月病の予防にもなります。また新緑などの四季の自然に触れると心が落ち着き、乱れた自律神経を整えるのに効果的です。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい