東日本大震災から10年…被災地の光と影 「死」と真正面から向き合った取材者は今

朝日新聞出版の本

2021/03/10 08:02

 死者1万5千人以上、行方不明者2千人以上――。戦後最大の災害となった東日本大震災に気鋭のノンフィクション作家はどう向き合ったのか。震災直後から約1年間、津波被災地の宮城県南三陸町に駐在し、目にした惨状や絶望の中を生きる人々の気高さを描いた『災害特派員』を出版した朝日新聞記者でルポライターの三浦英之氏と、震災直後の日本製紙工場(宮城県石巻市)の奮闘を描いた『紙つなげ』や、在宅介護を通じて命の終わり方にどう向き合うのかを投げかけた『エンド・オブ・ライフ』(Yahoo!ニュース|本屋大賞 2020年 ノンフィクション本大賞」受賞作)を昨年敢行した佐々涼子氏の対談の後編。被災地の光と影を見続けてきた2人は今、何を思うのか。

あわせて読みたい

  • 極限状態の中で描きたかった「希望」 新聞記者が見た東日本大震災

    極限状態の中で描きたかった「希望」 新聞記者が見た東日本大震災

    dot.

    3/9

    東日本大震災から10年…震災直後の南三陸町で送った極限の日々 あの日、記者は何を見たのか?

    東日本大震災から10年…震災直後の南三陸町で送った極限の日々 あの日、記者は何を見たのか?

    dot.

    2/11

  • 三浦春馬が“平凡なサラリーマン役”で常識破りの役作り

    三浦春馬が“平凡なサラリーマン役”で常識破りの役作り

    週刊朝日

    9/24

    三浦春馬が思わず「結婚しないかもしれない」と話した理由

    三浦春馬が思わず「結婚しないかもしれない」と話した理由

    週刊朝日

    9/24

  • 「ヤバいビル」マニアの二人が語る 街場の古い建物が持つ魅力とは?

    「ヤバいビル」マニアの二人が語る 街場の古い建物が持つ魅力とは?

    dot.

    9/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す