東日本大震災の遺児たちの悲しみに耳を傾け続ける…あしなが育英会の10年 #あれから私は

朝日新聞出版の本

2021/03/11 08:02

 病気や災害、自死などで親を亡くした遺児の進学を支えているあしなが育英会。東日本大震災でも、震災発生直後から親をなくした遺児への支援に積極的に取り組んできた。自らも宮城県で被災し、大学卒業後からあしなが育英会の職員として、遺児たちのサポートを続けてきた山下高文さんが書籍『お空から、ちゃんと見ててね。―作文集・東日本大震災遺児たちの10年』(あしなが育英会・編)に寄せた手記を紹介する。

あわせて読みたい

  • 東日本大震災遺児たちの言葉に尽くせない体験…あしなが育英会が共に歩んだ10年とこれから #あれから私は

    東日本大震災遺児たちの言葉に尽くせない体験…あしなが育英会が共に歩んだ10年とこれから #あれから私は

    dot.

    3/12

    東日本大震災から3年 被災者の「グリーフ」が自殺を増加させる?

    東日本大震災から3年 被災者の「グリーフ」が自殺を増加させる?

    週刊朝日

    3/11

  • 「死のうと思ってはダメだ」 あしなが20万円緊急給付の決断と学生たちの悲鳴

    「死のうと思ってはダメだ」 あしなが20万円緊急給付の決断と学生たちの悲鳴

    AERA

    12/12

    5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

    5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

    AERA

    3/11

  • 3・11 震災の記憶

    3・11 震災の記憶

    tenki.jp

    3/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す