YouTuberワタナベマホト問題、女の脇が甘い?「デジタル性暴力の典型的なやり口」と被害者支援団体

2021/01/30 16:00

 “元”人気YouTuberの「ワタナベマホト」(28)が10代の女性にわいせつ画像を送らせていた問題は、近年、若い女性の間で被害が広がる「デジタル性暴力」の典型例ともいえる。Twitterなどでは「女の子の脇が甘い」「どっちもどっち」といった意見も目立つが、性暴力被害者の支援団体は「被害者を責めるのはおかしい」と話し、性暴力を“やらかし”として消費する文化にも警鐘を鳴らす。

あわせて読みたい

  • 慰安婦裁判で敗訴した原告はなぜ「被害感情」を抱いたのか…日本的“被害者論”とは

    慰安婦裁判で敗訴した原告はなぜ「被害感情」を抱いたのか…日本的“被害者論”とは

    dot.

    11/21

    「自分が正しい」と虐待した30代父親のゆがんだ“正義” 児童福祉法改正されても解決できない悪夢とは?

    「自分が正しい」と虐待した30代父親のゆがんだ“正義” 児童福祉法改正されても解決できない悪夢とは?

    dot.

    3/20

  • セクハラ告発された韓国ソウル市長が自死「なぜ男たちは極端な選択をするのか」
    筆者の顔写真

    北原みのり

    セクハラ告発された韓国ソウル市長が自死「なぜ男たちは極端な選択をするのか」

    dot.

    7/14

    性暴力サバイバーの証言 実父から、見知らぬ男から…語ることで生きてきた

    性暴力サバイバーの証言 実父から、見知らぬ男から…語ることで生きてきた

    AERA

    3/22

  • 誹謗中傷から殺人予告まで…差別と闘う苦しさ 被害者が声をあげなくてもいい社会に

    誹謗中傷から殺人予告まで…差別と闘う苦しさ 被害者が声をあげなくてもいい社会に

    AERA

    2/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す