水野美紀 大変だった一年…だからこそ、ちびが夫の口にテッシュを詰める姿も、目玉を突く姿も、へそを取ろうとする姿も残しておきたいと思う (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水野美紀 大変だった一年…だからこそ、ちびが夫の口にテッシュを詰める姿も、目玉を突く姿も、へそを取ろうとする姿も残しておきたいと思う

連載「子育て女優の繁忙記「続・余力ゼロで生きてます」」

このエントリーをはてなブックマークに追加
水野美紀さん

水野美紀さん

イラスト:唐橋充

イラスト:唐橋充

 42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は、少し早いですが今年一年を振り返ります。

【図解:夫がちびにされたこと】

*  *  *
 コロナに圧倒されているうちに、もう今年も残すところわずかに。

 世界的にも大変な一年になってしまった。来年はどんな一年になるのだろう。

 隣では夫がちびに、
「お口あけて、お口あーーん!」
 と強要されている。
 そして開いた口にティッシュを詰め込まれている。

 考えてみたら、去年の今頃なんてコロナのコの字もなかった。

 目に見えないこの未知のウイルスにこんなにも生活を掻き乱され、変化を余儀なくされる日々が訪れるなんて誰も想像しなかった。もう、コロナ前の世界には戻れないのだろうか。

 隣ではちびと夫が食事中だ。うどんをすする夫にちびは、
「ごー、よん、さん、にー!」
 と大声でカウントし、5秒以内に食べきるよう強要している。

 現在私は「突然ですが占ってもいいですか」という番組にレギュラーで参加させて頂いている。占い師の方々が、一般の方から芸能人まで様々な人の過去や未来を占う番組で、私はその様子をスタジオで見守る立ち位置。

 その番組にレギュラー出演する占い師さん方はみなさん、口を揃えて、この12月と1月、さらに大きな変化がある、と仰る。まさに、今だ。

 今は、何百年かに一度の変化の渦中にあるらしいのだ。

 具体的に何がどう変化するのさ、と言われてもよく分からないのだけれど、確かにコロナは我々の生活を大きく変化させた。価値観も変わってしまった。

 私の仕事も、大きくコロナの影響を受けているし、それを抜きにしても一つの時代の変わり目というか、大きな変化のうねりの中にいるなと、感じる。

 良い変化と受け止められるか、悪い変化と感じるかは人それぞれだろうと思う。

 隣ではちびが、
「めめ、あけて! めめ、あけて!」
 と、目を開けることを強要しながら、指で夫の目玉を突こうとしている。

 だけど今年だけじゃなくて、振り返ってみると時代は常に変化している。

 私が生きている間だけでも、バブルが来て、バブルが去って、平成が来て、令和が来て。

 大きな変化の中で、ベータビデオは淘汰されていった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい