みのもんたを襲ったパーキンソン病 診断が難しく便秘や嗅覚低下がみられることも

ヘルス

2020/11/25 17:57

 みのもんた(76)が今年3月末に12年半続いた「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ系)の司会を降板を発表し、レギュラー番組がゼロになることから事実上の「引退」と報じられた。その真相はパーキンソン病によることが文春オンラインの取材で明らかになった。

あわせて読みたい

  • パーキンソン病は今や「不治の病」ではない 薬と運動で日常生活の質を維持

    パーキンソン病は今や「不治の病」ではない 薬と運動で日常生活の質を維持

    dot.

    7/5

    薬が効きにくくなる進行期のパーキンソン病に有効な デバイス療法とは

    薬が効きにくくなる進行期のパーキンソン病に有効な デバイス療法とは

    dot.

    7/6

  • 誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    dot.

    9/5

    診断が難しいパーキンソン病 便秘や嗅覚低下がみられることも

    診断が難しいパーキンソン病 便秘や嗅覚低下がみられることも

    dot.

    7/4

  • 医師でも認識の差がある「レビー小体型認知症」の最新治療

    医師でも認識の差がある「レビー小体型認知症」の最新治療

    週刊朝日

    6/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す