映画『とんかつDJ』上映初回は観客まばら 映画関係者は「本当に愚か」と伊藤容疑者に苦言も (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画『とんかつDJ』上映初回は観客まばら 映画関係者は「本当に愚か」と伊藤容疑者に苦言も

このエントリーをはてなブックマークに追加
作田裕史,飯塚大和dot.
映画『とんかつDJアゲ太郎』

映画『とんかつDJアゲ太郎』

 29日に道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が逮捕された衝撃が収まらない。映画やドラマ、CMに引っ張りだこの若手人気俳優だっただけに、その影響は計り知れない。

【写真】「飲酒・ひき逃げ」で世間を騒がせた人気アイドルの出所の様子はこちら

 伊藤容疑者が出演している映画『とんかつDJアゲ太郎』は、30日から予定通り公開されることになったが、初日の舞台あいさつは欠席が決まった。11月6日公開の主演映画「十二単衣(ひとえ)を着た悪魔」は公開について対応を協議している模様だ。12月から始まる予定だった主演舞台「両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)」も降板する可能性がある。

 また、伊藤容疑者は「アウト×デラックス」などフジテレビ系3番組に出演予定だったが、いずれも出演部分は削除されて放送される見通し。NHKは、12月に放送予定だったドラマの出演を取りやめ、NHKオンデマンドでの「スカーレット」「アシガール」の配信を停止した。

 さらにCM出演していた「マルハニチロ」は公式サイトから伊藤容疑者の動画を削除。今後はCM放映も見合わせる方向だとされる。「ジョンソン・エンド・ジョンソン」や「三井住友銀行」もCM動画を削除している。

 こうした一連の対応によって伊藤容疑者サイドが負う損害賠償は「5億円以上」とも報じられており、逮捕の代償はあまりにも大きい。あるベテラン芸能記者はこう語る。

「伊藤の育ての親と言われる女性マネジャーと昨年夏にたもとを分かってから、素行の悪さを耳にするようになった。現場に遅刻してきたり、明らかに二日酔いで酒臭かったりするといわれ、業界内での評判は悪くなっていた。事務所屈指のドル箱俳優ということで周りに注意できる人間がいなかったのだろう。気分の波も激しく、機嫌が悪い時はスタッフのあいさつを無視したり、にらみつけたりすることもあったようだ。逆に機嫌が良い時はノリノリでジョークを飛ばしたり、ハイテンションで現場を盛り上げたりすることもあったようだけど、扱いづらい俳優という印象は強まっていた」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい