中学・高校生がスポーツ障害で手術するのはおおげさ? 親が知っておくべきことは?

スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

ヘルス

2020/10/12 07:00

 中高生の子どもたちの多くが、勉強と並んで部活動に打ち込んでいます。運動系の部活動では、まだ骨が軟らかい成長期にある子どもたちが、ときに練習や試合でからだに無理をかけすぎて「スポーツ障害」に苦しんでいます。なかには、「野球肘(ひじ)」やひざの「前十字靱帯(ぜんじゅうじじんたい)断裂」のように、手術が必要となる障害もあります。日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師は、スポーツ医の立場から中高生の保護者や指導者に向けて助言をします。

あわせて読みたい

  • 靱帯断裂、アキレス腱断裂…スポーツしないなら手術不要ってホント? 医師の答えは
    筆者の顔写真

    松本秀男

    靱帯断裂、アキレス腱断裂…スポーツしないなら手術不要ってホント? 医師の答えは

    dot.

    4/27

    「成長痛」は放置してはいけない! スポーツのやり過ぎで軟骨に障害の恐れ
    筆者の顔写真

    松本秀男

    「成長痛」は放置してはいけない! スポーツのやり過ぎで軟骨に障害の恐れ

    dot.

    8/24

  • 「スポーツをやめれば治る」と言うのは“やぶ医者”? スポーツ障害の専門的な治療法とは?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    「スポーツをやめれば治る」と言うのは“やぶ医者”? スポーツ障害の専門的な治療法とは?

    dot.

    11/11

    プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師?
    筆者の顔写真

    松本秀男

    プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師?

    dot.

    4/13

  • 「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    「治るまでスポーツをするな」としか言わない病院はNG 「スポーツ整形外科」のいい病院とは?

    dot.

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す