天龍源一郎が語る“遊び” 天龍流ハンパない酒の楽しみ方とジャンボ鶴田は「おごらない」男 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天龍源一郎が語る“遊び” 天龍流ハンパない酒の楽しみ方とジャンボ鶴田は「おごらない」男

連載「70歳からのはっけよい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
天龍源一郎dot.#プロレス#天龍源一郎#相撲
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

久しぶりにリングシューズに触れ「二度と履きたくない」と(天龍源一郎公式インスタグラムより)

久しぶりにリングシューズに触れ「二度と履きたくない」と(天龍源一郎公式インスタグラムより)

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。2月2日に迎えた70歳という節目の年に、いま天龍さんが伝えたいことは? 今回は「遊び」がテーマ。飄々と明るくつれづれに語ります。

【写真】天龍さんが久しぶりに取り出した“思い出の品”はこちら

*  *  *
 子どもの頃の遊びと言えば、夏は川で泳いで、冬はスキーだね。俺のゲレンデはもっぱら裏山や近場の墓地だね。地元の名士の墓地は周りより高くなっていて、雪が積もると滑るのにちょうどいい山になるから、そこをスイーっとね(笑)。子どもの頃はあんまり気にしなかったけど、今思えばずいぶん罰当たりなことをしたもんだよ。

 WARのときはファンと一緒にスキーツアーをやったよ。俺が子どもの頃のスキーは板に長靴を縄でくくりつけるようなものだったから、ちゃんとしたスキー靴を履いてみたらすごく安定して、曲がるのもイージーだったね。

 楽ちゃん(6代目三遊亭円楽)もスキーが好きで、三沢(光晴)と楽ちゃんと嶋田家でスキー旅行もしたもんだよ。三沢は滑ることは滑るんだけど、うまく止まれなくて受け身を取って止まるんだ。三沢だけじゃなくて、レスラーは転び方がうまくてみんなちゃんと受け身を取る。だから、レスラーがスキーをやるとスキー場のあちこちに受け身を取った後の穴が開いてゲレンデがボコボコになっちゃうんだよ。北原(光騎)が止まれなくなってコースの外に落ちるように姿を消した時は、みんな焦って助けに行ったもんだよ。北原? もちろん受け身を取って無事だったよ(笑)。

 俺も滑るのは達者だけど、初めてリフトに乗ったときはまいったよ。なかなか乗るタイミングがつかめなくて、大男がオロオロしちゃってね。リフト乗り場のオヤジに「後ろがつかえているからさっさと乗れ!」なんて怒られて、ようやく乗っても今度は降り方がわからない(笑)。

 相撲の若手時代は遊びに行くといっても浅草や錦糸町くらいなもんで、銀座で飲むようになったのは新十両に上がって関取になってから。関取になるとタニマチや後援者から夜の銀座に誘われるようになってね。「これが銀座かぁ」なんて感慨にふけったもんだよ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい