キャリアの「重要時期」失った羽生結弦、そんな中でも垣間見えた“他人への配慮”

2020/09/10 17:00

 羽生結弦が男子で初めてジュニア・シニアにおける6つの主要国際大会全制覇を達成した昨季の四大陸選手権(2月、韓国)は、新型コロナウイルスが感染拡大傾向にある中、厳戒態勢で行われた。優勝者としてインタビューを受けた羽生は、次のように語っている。

あわせて読みたい

  • 「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

    「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

    AERA

    5/2

    羽生結弦がこだわる“伝説プログラム”の完結 「いいものを見せてあげたい」

    羽生結弦がこだわる“伝説プログラム”の完結 「いいものを見せてあげたい」

    dot.

    10/25

  • 蘇った羽生結弦、“憧れの2曲”との格闘が促した熟成「ありがとうと言いたい」

    蘇った羽生結弦、“憧れの2曲”との格闘が促した熟成「ありがとうと言いたい」

    dot.

    2/10

    羽生結弦が3度目の五輪シーズンへ…目指すは「誰も跳んだことがない大技」

    羽生結弦が3度目の五輪シーズンへ…目指すは「誰も跳んだことがない大技」

    dot.

    9/22

  • 羽生結弦「気持ちが高ぶっている」 4回転半を封印した理由

    羽生結弦「気持ちが高ぶっている」 4回転半を封印した理由

    週刊朝日

    11/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す