水野美紀 コロナ最大の余波に「笑っちゃうくらい、いっぱいいっぱい」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水野美紀 コロナ最大の余波に「笑っちゃうくらい、いっぱいいっぱい」

連載「子育て女優の繁忙記「続・余力ゼロで生きてます」」

このエントリーをはてなブックマークに追加
水野美紀さん

水野美紀さん

イラスト:唐橋充

イラスト:唐橋充

 42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は日々感じる「コロナの影響」について。

【コロナの影響はチビにも…唐橋充さんのイラストはこちら】

*  *  *
 コロナの影響でいろんなスケジュールがいろんな風にズレ込んだ結果、私は今、最大の余波の中にいる。

 今月世田谷パブリックシアターで幕を開ける、劇作家ケラリーノ・サンドロヴィッチさんと、その妻緒川たまきさんのユニット「ケムリ研究室」の旗揚げ公演「ベイジルタウンの女神」の稽古(こちらは当初の予定通り)をメインに、空いた時間には他の様々な仕事が入ってくる。笑っちゃうくらい、いっぱいいっぱいだ。

「がんばってます」「がんばりました」なんて言うのは、なかなかはばかられるものだが、はっきり言える。

 今、わたしがんばってます。

 思えばあのステイホームの心穏やかに過ごした日々は、嵐の前の静けさだった。

 経験というものは、通り過ぎて振り返って見ると、その渦中にいた時とは違った見え方をするものだ。

 今や毎日検温、消毒、マスク、フェイスガード、ソーシャルディスタンスはあたりまえ。

 来年の今頃には何がどうなっているだろうか。

 今の状況を振り返って「あの時は異常事態だったよね」と思うのだろうか。

 今日は稽古場で「PCR検査」をやった。

 迫っている初日に向けて、スタッフキャスト全員が一斉に検査をした。

 稽古場にクリニックの先生が大量の検査キットを運び込み、説明がなされた。唾液を採取するプラスチック容器の検査キットだった。

 先生の説明に従って容器に結構な量の唾液を流し込み、提出するだけ。二日後には陽性反応の出た人にのみ連絡がいく。

 いつどこで感染するか分からないし、無症状の人もいるというし、自分が陰性である確証なんてない。

 誰かに陽性反応が出た場合の対処も決まっているので、焦ることはないにしても、やっぱり心苦しいものである。

 全く無症状で陽性反応の出た知人に話を聞くと、その人は毎朝検温していて、ある日37.8度までポンと体温が上がり、念のために検査をしたところ陽性になった、ということだった。それもその日の夕方には平熱に戻り、それ以外はまったく無症状だったとのこと。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい