意外に俊足だった選手も… “巨漢球児”が甲子園に残した強烈な記憶

2020/08/13 16:00

 甲子園で人気者になった巨漢球児といえば、真っ先に思い出されるのが1979年に出場した浪商(現大体大浪商)の捕手・香川伸行だ。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す