「絶対プロに入ると思ったけど…」大学・社会人で“消えた”甲子園のスターたち

2020/08/06 16:00

 高校の時点でドラフト上位候補だったのに、進学や社会人入りを選んだ結果、プロになれなかった甲子園のスターといえば、まず思い出されるのが、1992年夏の甲子園優勝投手、西日本短大付の森尾和貴だ。

あわせて読みたい

  • 最も“打てないボール”投げたのは?  甲子園を席巻した「魔球」を操った投手たち

    最も“打てないボール”投げたのは? 甲子園を席巻した「魔球」を操った投手たち

    dot.

    8/11

    甲子園で打ちまくり! 「プロ入りはせず」も“超高校級”と呼ばれた強打者たちの記憶

    甲子園で打ちまくり! 「プロ入りはせず」も“超高校級”と呼ばれた強打者たちの記憶

    dot.

    8/13

  • 斎藤佑樹、松坂大輔、根尾昂…平成の高校野球「最強チーム」はどこだ?【西尾典文】

    斎藤佑樹、松坂大輔、根尾昂…平成の高校野球「最強チーム」はどこだ?【西尾典文】

    dot.

    12/26

    金足農・吉田輝星の「プロ入り表明」は正しい選択だったのか【西尾典文】

    金足農・吉田輝星の「プロ入り表明」は正しい選択だったのか【西尾典文】

    dot.

    10/10

  • 松坂世代で最初に甲子園で活躍も…「スーパー1年生」と呼ばれた球児たちの“その後”

    松坂世代で最初に甲子園で活躍も…「スーパー1年生」と呼ばれた球児たちの“その後”

    dot.

    7/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す